メニュー

母の子宮頸がんが新生児の肺癌になったとの報告

[2021.01.07]

日本のがんセンターの先生方が国際的な医学雑誌に症例報告を行っています。

非常に衝撃的な内容で、世界中の研究者が驚く内容です。

【図解】母親の子宮頸がんが子の肺がんに

(イラストは時事ドットコムニュースから引用しています)

癌は感染症ではないので、他人の癌を吸い込んでも「移らない」はずです。しかしこの場合、新生児は自己の免疫がまだまだ弱く、ほとんど母親と同じ免疫状態ですので、自分の体の一部として「吸い込んだ癌が他人に移る」とてもまれな発症だと考えられます。

幸い、子宮頸がんは予防できる癌と言われ、ワクチンも公費で打てます。緊急事態宣言下ですが、子宮頸がんワクチンも含め、すべてのワクチンについては接種を強くお勧めしたいと思います。

時事ドットコムニュース

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021010700322&g=soc

ニューイングランドジャーナル(英語)

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2030391?fbclid=IwAR1xG97LApwmGuWIdxzBAnBUXVMMf6T4ts2u13XG4DUrbXM_YyHybkodPYg

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME