メニュー

院長・スタッフブログ

クリニックのすぐ近くにある「戦争遺跡」(2020.08.06更新)

広島に原爆が落とされ、75年が経ちました。

アニメ「この世界の片隅に」でもリアルな生活者として主人公が描かれ、いまでも当時の人の感情と共鳴できると話題になりました。

もはや終戦をきちんとした記憶で語ることのできる世代も少なくなってきました。身近に聞ける方がおられる人はぜひ戦時中の経験や想いを聞き取って記録してもらいたいと思います。

クリニックから北柏駅の方向に向かうと、旧消防署(根戸分署)の建物があります。

あまり知られていないようですが、この建物はじつは戦時中に建てられた物だそう。屋根部分の特徴的な張り出しは軍事施設で実際に使われていたと、「柏にあった陸軍飛行場」という本に紹介されていました。本の表紙にも建物の写真が使われています。

戦争当時に建てられたものがすぐ近くにあり、触れることができる事。そうした地域は全国でもそれほど無いと思います。

訪問診療で近くを通るたびにこの建物が見てきた景色に想いを馳せています。

(芙蓉書房出版の該当図書ページ)

http://www.fuyoshobo.co.jp/book/b196284.html

付記 グーグルマップで「柏の戦争遺跡」と検索したところ、「花野井の秋水」はヒットしますが、この旧根戸分署は出てこないようです・・・。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME