メニュー

院長・スタッフブログ

(手洗い効果で)風邪の患者さんが激減(2020.02.09更新)

2月に入り、風邪症状の患者さんが激減しています。インフルエンザのような高熱患者さんも減っています。例年2月はインフルエンザの流行期であり、A型のみならずB型も流行期に入るような時期です。

私の印象だけではなく、(首都圏以外も含め)家庭医の友人たちも同様の発言をしています。

原因を考えましたが、新型コロナウイルスのニュースが役に立っているのではないかと思えます。

〇咳エチケットを守る

〇外から帰ったらうがいをし、手洗いをしてから家の物を触る

〇外で物を触った手で鼻や口をさわらない

これだけマスコミで紹介されれば、いまや全国の人が守るようになったのではないでしょうか?

ウイルス感染を防ぐ基本的な方法、患者さんを通してその有効性が証明されたように感じています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME