メニュー

院長ブログ

「飲み薬」はなぜ難しいか(2021.10.07更新)
コロナウイルスの「飲み薬」開発が進んでいるとの報道がありました。 薬は、体の中で一定の濃度を維持し、標的臓器で病原体に対して効果がなければなりませんが、そのためには、きちんと取り込まれ、一定の濃度を… ▼続きを読む

顔を見る重要性(2021.10.05更新)
ワクチン接種が進み、マスクを外す診療にも比較的抵抗がなくなってきました。 医師が町中を歩く人を見ただけである病気の診断をつけるといったバラエティー番組を見たことはないでしょうか?決して大げさではなく… ▼続きを読む

うれしかった一言(2021.09.11更新)
「薬がなくなっちゃって、何とか間に合わせようとしてきたんだ。時間ギリギリにごめんね先生」 Nさんが来院されました。すでに5時からのワクチン接種の方が始まっていたので、30分ほど待っていただき、ワクチ… ▼続きを読む

酸素モニタ装置の貸し出しを始めます(コロナ陽性患者さん対象)(2021.08.27更新)
一般診療、ワクチン接種と、時間を分けて発熱外来を行っています。PCRは時間がかかるため、数分でわかる抗原検査を必要に応じて行っていますが、問い合わせも増え、陽性判定者も増えています。 以前は、発生届… ▼続きを読む

「リンさん」の事件が問いかけること(はたして柏の妊婦さんは罪になるのか?)(2021.08.20更新)
柏市のコロナ感染妊婦と赤ちゃんの死亡が大きく報じられています。 自宅で孤独出産の後、市に報告し、救急隊が到着した時には児の呼吸はすでに止まっていたとの報道があります。妊婦さんは一人で生活し、感染で不… ▼続きを読む

災害医療と医師の心理(2021.08.15更新)
感染拡大が止まりません。 都内で働く医師のSNSを見ていても、その深刻さが伝わってきます。しかし、現場・当事者以外には現場の感覚が伝わりにくく、お盆の帰省を迎えています。 この「感覚乖離」には見覚… ▼続きを読む

8月6日、ある小学1年生に起きたこと(2021.08.06更新)
10年以上昔、ある患者さんからお聞きした事です。 広島で被爆をされた時、小学校1年生だったそうです。 疎開先から被爆した家に帰るときに、近くのお姉さんが一緒に行ってくれた事。 家にたどり着く間、… ▼続きを読む

江戸時代のワクチンパスポート(2021.08.02更新)
天然痘、いまは世界で根絶が宣言されましたが、致死率5割の感染症です。 ワクチンという言葉もなかった昔、理屈はわからないながらも天然痘にかかった牛の血液を人に接種する牛痘で人類はこの感染症を克服しまし… ▼続きを読む

10月からワクチンが2種類に(2021.07.30更新)
コロナワクチン8月の枠がすでに埋まり、2回目は9月の計画に入ってきます。さらに10月になると、インフルエンザワクチンが始まります。昨年は流行が無かったとはいえ、高齢者の重症化防止、地域ベッドを守る意味… ▼続きを読む

薬剤師さん向け講演(2021.07.24更新)
柏市は禁煙支援に積極的に関わっている数少ない自治体の一つです。 薬剤師さんが禁煙支援に必要な研修を受け、薬局で関わっておられます。今回、薬剤師会の先生方からご依頼いただき、禁煙支援のノウハウや、(タ… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME