メニュー

院長ブログ

様々な視点を与えてくれる映画 (2024.05.10更新)
ハンセン氏病をご存じでしょうか?今の日本ではほとんど見なくなりましたが、昔の日本では結核と並んで恐れられていた感染症です。日本では「らい予防法」により戦前から患者隔離政策がとられてきました。昭和の初め… ▼続きを読む

感覚スケールを広げてくれる「時・空計算尺Gulliver」 (2024.05.01更新)
人間の感覚には限界があります。犬吠埼で太平洋を見ても直感的にはやはり平面にしか感じられません。その感覚を補うのが知識ですが、太陽までの距離など文字通り天文学的な数字はやはりピンときません。 ある本で… ▼続きを読む

健康と教育は成果主義にあわない (2024.04.10更新)
診療報酬改定があり、患者さんへの「生活習慣病療養計画書」記載が求められるようになりました。 家庭医の外来では「タバコ」「塩分」「運動」と言った日常生活へのコメントを毎回すべての患者さんに必ずしていま… ▼続きを読む

不適切なブログ (2024.03.25更新)
タイムスリップした主人公が、昔の価値観で今の時代に刺激を与える番組が人気です。およそ医師のブログには似合わないのは承知で「不適切にもほどがある」ある歌をテーマにします。 死ね死ね団のテーマ 書くと… ▼続きを読む

かかりつけ医「機能」とコロナ入院との論文 (2024.03.06更新)
私も学んだ慈恵医大の臨床疫学教室から興味深い論文が出ました。米国の家庭医療学の学会誌に発表されたものです。 かかりつけ医がいる、いない、ではなく、その「機能」(近接性、継続性、協調性、包括性、地域志… ▼続きを読む

「正義の味方」の家族 (2024.02.07更新)
「お正月はそのまま帰ってきたんですよ」 離れて暮らす父親に会いに、小さいお子さんを連れて自衛隊の官舎で家族が過ごす予定だったとのこと。元日夕方に起きた震災で父親は急遽呼び出しとなり、奥さんはそのまま… ▼続きを読む

今年は電子化・効率化が試される年に (2024.01.01更新)
2024年元日から、能登地方で大きな地震がありました。被害の掌握と一日も早い復興を祈ります。 今年は電子処方箋の導入を予定しています。マイナンバーカードとの紐づけがなされることで例えば「睡眠薬」「麻… ▼続きを読む

体のサインを信じることと、その難しさについて (2023.12.23更新)
「手術しなければ5年しか生きられないっていうんだよ、それなら意味ないでしょう、普段はなんともないし、まだまだ仕事だってしたいのよ」 1か月ほど続く症状から、ある疾患を疑い病院専門医に紹介したところ手… ▼続きを読む

30年ぶりに謝られた出来事 (2023.12.10更新)
「あのとき、二人からえらい怒られて、何で怒られてるかわからなかったけど、今はわかるようになったよ。」 大学の同窓会が開かれ、卒後30年以上で初めて参加しました。2浪して地方の国立大学にやっと入れた私… ▼続きを読む

問診票から想うこと (2023.11.01更新)
外国籍の方が書かれた問診票です。医学漢字である「窩」を問診票で初めて目にしました。辞書を一生懸命見て書いたとおっしゃっていました。 「心窩部」のうち、「心」や部の右側(おおざと)は不十分です。漢… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME