メニュー

院長ブログ

コロナワクチン説明会(2021.02.26更新)
医師会・保健所からワクチン接種についての説明会がありました。 マスコミ報道などでは、接種の現場が報じられ、すぐにでも開始できそうに感じられますが、実際に千葉県にワクチン自体がやってくるのは3月の初旬… ▼続きを読む

かかりつけ医がワクチンを扱うメリット(2021.02.11更新)
新型コロナワクチン、医療者優先とのことですが、今日現在でも公的機関からの情報提供はまだありません。おそらく国・県レベルの調整が大変なのだろうと想像します。 どのような接種方法になるか未定ですが、かか… ▼続きを読む

コロナワクチン、私は打ちます(2021.02.03更新)
医師向けのサイトで、新型コロナワクチンの解説動画が紹介されていました。アメリカの日本人ワクチン研究者の先生が専門用語を交えて解説していたものですが、いまはリモートでこうした学習が容易にできるのはすごい… ▼続きを読む

「市にお金かけさせたくないから検診は受けない」(2021.01.25更新)
こうおっしゃったご夫婦がおられました。 いままで他市の医療機関にかかっていたので、「特定検診」「高齢者検診」のクーポンは使わずにドックなどで健康管理を行ってきたとのことです。 柏市への郷土愛(?)… ▼続きを読む

一次接触者の苦労と情報共有の難しさ(2021.01.22更新)
「先生たちは良いですよね、病気ってわかってるんですから」 おまわりさんから言われたことがあります。通報を受け、遺体の確認と事件性の有無を判断する役目もあるとのこと。たしかにモノを言ってくれる「生きて… ▼続きを読む

保健所が「接触者追跡」を行わなくなった段階でやるべきこと(2021.01.10更新)
神奈川県の保健所が市中感染の蔓延をうけ、クラスター追跡を全例には行わないことが報じられていました。首都圏で感染者の増大を迎えた現在、予防である追跡に時間を割かず、ベッド確保や調整に時間を割くべきで、私… ▼続きを読む

母の子宮頸がんが新生児の肺癌になったとの報告(2021.01.07更新)
日本のがんセンターの先生方が国際的な医学雑誌に症例報告を行っています。 非常に衝撃的な内容で、世界中の研究者が驚く内容です。 (イラストは時事ドットコムニュースから引用しています) 癌は感染… ▼続きを読む

医療崩壊は現在進行形(2021.01.06更新)
今年初めてブログとなります。本年もどうかよろしくお願いいたします。 非常事態宣言が出される段階ですが、「このままでは医療崩壊」「医療崩壊を防ぐため」に宣言が必要の報道がなされています。言葉は受け取る… ▼続きを読む

「帰省前にPCR検査」の意味は?(2020.12.24更新)
都内でのPCR検査施設が報道されていました。「(感染していないことを知るために)正月の帰省前にPCR検査を受けに来た」とのコメントでした。 PCR検査は「今現在」感染しているか否かを見る検査です。た… ▼続きを読む

帯状疱疹が増加中(2020.12.19更新)
「帯状疱疹」と思われる高齢の方が多くなっています。 帯状疱疹はヘルペスウイルスが原因です。このウイルスは体の神経細胞に普段から住み着いているのですが、体の免疫が「悪さをしない」ように抑え込んでいます… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME