メニュー

糖尿病の治療

 体内のインスリンが不足している状態ですので、その原因を探ります。

 ほとんどの方が、過剰摂取:カロリーの取りすぎにあたるので、食事指導を行い、必要に応じて薬を処方していきます。

 糖尿病の一番怖いところは「痛くもなんともないのに病気が進んでしまう」事なので、来院のたびにヘモグロビンA1C(貧血のヘモグロビンではありません)という検査をします。

 採血後約10分で結果が出ますので、毎回この数字を参考にしながら対策を取るようにします。

 初診の糖尿病の方には、エコー検査をお願いしています。過剰摂取だとおもっていたら、実はすい臓がん(インスリンを作る臓器がすい臓)という方もいるためです。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME