メニュー

受診の前に

「効かなかった薬」が大事

病気を「詰めていく」のはパズルを解くようなものです。この薬が効かないとすれば、この病気かな?といった知識を当てはめていくので、前にもらったが効かなかった薬、飲んでいてどんな状況だったか?などがとても参考になります。お持ちであれば、お薬手帳を拝見します。

紹介状をいただけると助かります

病院で治療が必要にもかかわらず、通いやすさからクリニックに来られる「実は重症」患者さんがおられます。クリニックでは原則、病状が安定している方が対象ですので、紹介状をいただければ余計な検査をせずに、きちんと主治医のバトンを受け取ることになります。
(紹介状なしでも診療は行いますが、検査が重なってお金もかかります)

ご家族やお仕事の状況もお聞きします

産業医の資格もあり、製造現場の巡視なども行っています。ペットはいるか?家は築何年か?粉塵環境であるか?深夜労働であるか?など、患者さんには(一見症状とは無関係に思える)質問をしますが、これも病気のデータベースと診断をつなげるために必要な情報を集めている質問なのです。

初診の方へ

お持ちいただくもの

  1. 健康保険証
    健康保険が適用される治療を受ける方は、健康保険証を必ずお持ちください。
    また、お持ちいただく際は、ご本人のものであるか、有効期限内であるか等ご確認ください。
  2. お薬手帳(お持ちの方)
    飲み合わせなどで注意が必要な薬を確認いたします。
  3. 紹介状
    転院をご希望の方は、今までの治療の経過を知るために、以前の先生から紹介状をお持ち頂く様お願い申し上げます。
  4. 公費受給者証
    公費を利用して受診される方は、受給資格を証明する受給者証(老人医療受給者証、乳幼児医療者証など)を必ずお持ちの上、受付でご提示ください。

診察・検査のすすめ方

受付で保険証を確認してカルテを作成します。
問診票に住所・氏名など情報を簡単に書いていただきます。
スタッフが病状をお聞きし、必要と思われる方には診察前に検査をお勧めします。
診察し、必要な方には採血やレントゲンなどを使い原因を詰めていきます、その後、治療方針を説明し、必要な方にはお薬を処方します。
会計後、処方箋を発行し診療は終了となります。

再診の方へ

当院では、毎月一度、健康保険証を確認させていただいております。
初めて来院される際、または月が変わって来院される際には受付にご提示ください。

健康保険証の変更、更新があった場合は、速やかにお申し出ください。
住所・氏名に変更があった場合にもお知らせ願います。

お持ちでない方、またはコピーの場合、保険診療のお取り扱いはできませんのでお気をつけください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME